飲食店のメニューで、のぼりの効果を最大化するコツは?

飲食店のメニューで効果を最大化するには、要素の絞り込みと大胆な画像レイアウトや色使い、キャッチフレーズ・タイトルがポイントです。

■大胆さが大切。画像は切り抜き・断ち切りで。

飲食店のメニューでもっとも大切にすべきはシズル感・美味しさです。

食べてみたいという気持ちに、どこまで誘い込めるかがのぼり製作のコツ。

のぼりに使うメインの画像(メニュー)があるなら大胆に。

説明的でなく切り抜きの画像を使ってのぼりからはみ出すように、断ち切りでトリミングすると迫力・シズル感が出ます。

■タイトルやキャッチ・画像で食欲をそそらせる。

“のぼりの効果を最大化する”のは、究極はメニュー次第です。

そこで画像の次に重要なのが、タイトルの付け方・キャッチフレーズの工夫です。

書体は丸ゴシックの特太系などを使って、目立つけれども柔らかみのある書体に。

「南フランスの香り!鮮やか野菜の新メニュー!」など、短めのフレーズ2つをつなげて表現するとレイアウトもしやすいです。

「当店シェフイチ押し!」なども図形化して添えましょう。

■飲食店ののぼりの基調色は、基本が暖色系で、赤・黄色・オレンジに、緑などをポイントに使うと映えます。

食欲をそそる色は暖色というセオリーがあります。

夏場は所々に青色などの寒色を使い、涼しさを演出しましょう。

細かな色使いは禁物。

色味も写真もキャッチフレーズやタイトルも、大胆でスッキリした感じのほうが往来の人の目を惹きます。

画像は小さいものを拡大して使うと粗い仕上がりになるのでNGです。

◇自分でデザインするのが難しい場合、こちらののぼり旗工房ならデザイナーにデザイン制作を依頼することもできます。