UR賃貸のDIY住宅

一時期は郊外に一軒家というのは、誰もが憧れる家族のスタイルでした。

ところが不況や経済不振などで家を購入するのはムリという人も増えています。

また高齢になってからも子どもと同居しない家族が増え、将来に不安をかかえる高齢者層が都心や交通の便のよい場所にマンションを購入したり賃貸で入居したりするケースが多くなっていると聞いたことがあります。

また高齢者用住宅という物件も増えているのだとか・・・・。

そんな中最近にわかに注目されているのがUR賃貸です。

UR都市機構の物件の中に、賃貸であっても自分の好みに部屋を変えられるDIY住宅があるのだそうです。

すべて自分で自由にできるので、できあがった時も達成感が得られるのだそうです。

そのUR賃貸のモデルルームもあるそうです。

実際にいろいろな人が自分なりの好みで手掛けた部屋が紹介されていて、これから部屋を変えようと思っている人の参考になれば、との思いで公開しているのだそうです。

UR賃貸物件は、保証人や仲介手数料、礼金が必要なく、比較的広い部屋が多いことから家族での入居を検討しているひ共多いのだそうです。

今回のDIY住宅をきっかけに、ますますUR賃貸という名前が一般の人にも浸透していきそうですね。