新居に選んだのがUR賃貸物件

姉が結婚することになりました。

姉は、毎日新居探しに明け暮れています。

新居の条件は、まず姉と彼の通勤に便利なところ、安くて広く新い物件、駅に近いところ、で探しているのだそうですが、その中で妥協する項目も入れなければ、その条件に合うところなんてないよ、と思います。

姉は昔から洋服でもなんでも、自分が納得するまで探し、比較します。

そのエネルギーはすごいものがあります(笑)今回の賃貸物件探しも、毎日夜遅くまでチェックしています。

その中で姉が注目しているのがUR賃貸物件です。

UR賃貸とはUR都市開発機構が管理する賃貸物件のことで、保証人や礼金、仲介手数料が不要だということも特徴なのですが、いろいろなアイデア住宅があるのだそうです。

たとえば子育て家族に住みやすい住宅、高齢者が住みやすい構造、自分でカスタマイズできるタイプ、などなど・・・。

姉は値段のわりに価格が安いUR賃貸物件がとても気に入っていて、悩んでいるうちに入居されることのないよう、さっそくUR物件を下見に行くことにしたそうです。

UR賃貸物件は、安さのわりに間取りが広くとても人気があるそうです。

中には抽選で入居者を決めているケースもあるそうです。