のぼりの効果や集客力アップはホントに実現できるの?

のぼりで集客力・効果がアップできるかは、出し物の魅力とのぼりのデザイン力・表現力の、各側面を問う必要があります。

その上で最上の表現を考えましょう。

■出し物の魅力・のぼりの作り方・デザイン力。

結論から言うと、のぼりを立てたからと言って100%効果がアップするとは限りません。

のぼりに書かれているイベントやメニューに興味をもってもらえなければ、いくらデザインが100点満点でも集客アップにはつながらないでしょう。

ただ、出し物やメニューが魅力的であるという前提に立つなら、あとはのぼりの作り方・デザイン力にかかっています。

■セオリーを守れば効果は必ず現れるはず。

のぼりのセオリーの第1は目立つことです。

第2は楽しそう、美味しそうと思わせる工夫がデザイン上にあるかです。

アレも入れてコレもというゴチャ混ぜ状態は、出し物・メニューに自信がない証拠。

目玉となる何かがあるはずなので、それを全面に押し出すべきです。

要素を絞って主役と脇役のメリハリをつければ、デザインスペースに余裕が生まれ、画像やイラストで目的にあった演出も可能になります。

◇文章やイラストと余白のメリハリをつけることで、情報の一つ一つを効果的に浮かび上がらせることもできます。(一例記事:のぼり旗で自転車施錠促進 鳥栖高・香楠中美術部に署長感謝状(佐賀新聞) のぼり旗を持つ石丸英章教諭(右…|dメニューニュース(NTTドコモ)

■のぼりは店頭販促物・イベント販促物の最前線に立つ格安広告。のぼりの有無の前後で、明らかに集客力はアップしているはずです。

のぼりなくして、飲食店の販促もイベントの販促活動も成り立たないというのが今でも専門家たちの見解です。

のぼりほど安価で活性化につながる、費用対効果の高い販促物は他にないからです。

ビフォア・アフターで客の入りをデータ化すれば、その差は一目瞭然になるでしょう。