のぼり旗の存在感の強さと効果のアップは比例しますか?

のぼり旗の効果を上げるために存在感のある、ときには圧迫感を生じさせるような派手なのぼりもあります。

設置環境にあったのぼりを作りましょう。

■控えめこそ目立つ、客の目を惹く効果があることも。

店頭や会場前ののぼりというのは、営業スタッフが呼び込みをしているのと同じです。

そう考えると、のぼりには好感度が決め手となる一面があります。

存在感の強さが、必ずしも受け入れられるとは限りません。

控えめであるが故に逆に目を惹くといった効果もあります。

内容によっては色使いや書体を上品にしたほうがいい場合もあります。

■のぼりの設置場所によっては邪魔になることも。

たとえば化粧品のセールや美術品の展示会などでも、パンチの効いたゴツゴツした表現ではなく、商品特性や展示会にあったやさしいワードをうまく盛り込んで作っています。

また目立つといった効果は設置場所によっても違ってきます。

のぼりの本数でも異なる結果が出ます。

室内のアウトレットモールでは、往来の人の邪魔にならないようにサイズを細長くしたスタイリッシュのぼりが常識となっています。

■存在感は、強く出てしまうと嫌われることも。設置場所によっては逆効果になることさえあります。

目立てば良いと必要以上の本数を立てたり、サイズの大きいのぼりを掲げたりするのは通行の妨げになります。

また店やイベントの内容にそぐわない派手なのぼりは、景観を乱す可能性もあります。

住宅街の中の民家ふうの店舗が流行っていますが、住民の苦情からのぼりを撤去した事例もあります。

のぼり旗のデザインで成功する、効果が上がるポイントは?

のぼり旗のデザインは、簡単そうでむずかしい、むずかしいようで簡単。

その一線を理解し実践できるのがプロです。

その過程で避けて通れないのが絞り込みです。

■デザインの効果が上がるポイントと絞り込みの大事さ。

のぼり旗のデザインで効果が上がるポイントには3つの点が上げられます。

それは①商品や出し物の要素を整理して3つ程度に絞り込むこと。

②絞り込んだ要素にデザイン上のメリハリをつけて表現力をつけること。

③色使いにもセオリーがあり、配色によって目立ち方が違うということを知ること。

この3点を頭に入れておけば、のぼり全体のイメージが良くなり効果も実感できます。

◇こちらの記事ののぼりのように、赤や黄色などの購買意欲を高める色を組み合わせることもデザインの効果を上げるポイントです。

《URL…https://news.livedoor.com/article/detail/11158261/

■簡単そうでむずかしい要素の絞り込み・メリハリとは。

ほんとうはアレもコレも入れてと欲張りたいところを、ほとんどすべてを断捨離して3つ程度に絞る行為は、広告制作のプロでも頭を悩ませるところです。

絞り込みは、市場性をどう読み切るか、自分が試されている試験・明暗の分かれ道でもあるからです。

プロがこれを読み間違えて目標を達成できなければ、担当を外されます。

■絞り込みができ要素がスリム化されれば、のぼりのスペースにも余裕が生まれ、広告としてのインパクトが生まれます。

広告・のぼりとしての成功は、ともあれ要素の絞り込みにかかっています。

飲食店なら、新メニューのうちどれをのぼりに入れるか、イベントならメインに据える目玉と内容、タイトルはABどちらにするかといった具合です。

書体や色使い上のメリハリ、目立つためのデザインはその後でいくらでもパターンを作れます。